シンガーソングライター坂本健の日記

2013年11月27日

福島

131127_1712051.jpg


仙台ライブの帰路で買ってきた純米吟醸『夢酔月』と前からあった白鶴の大吟醸でアジの刺身&ヒラメのえんがわの刺身&いろんな野菜の糠漬け&大根の塩漬け(ゆず入り)&さつま揚げ&刺身こんにゃく(with酢みそ)で涙が出そうな状態に...。
日本酒好きになってから和の食べ物やそれらと日本酒の相性が心底素晴らしいものだと気付き日本人を満喫している今日この頃。

夢酔月は福島県喜多方市のお酒。

自分の子供に万全を期して放射能対策を少しでもしたいのはよく分かる。

ほんとに分かる。

ただ、

認可されて出荷されている食べ物や飲み物に入っている微量の放射能と、化学調味料や保存料、はたしてどちらが人体に良くないのかは実は難しいと思う。そのくらいのものも大人も毛嫌いしているふしがある。

本当に深刻な影響を受けたものは申し訳ないが敬遠せざるをえないとは思う、しかしそうでないものも沢山あるし、やはり助け合わなくては人間は生きていけないとは充分に皆分かっている筈。

人生をかけて人生を乗っけて作ったものを真の理由とはずれた恐怖を伴う空想で敬遠されることは作り手にとってとても悲しいこと。

どっちにしろこういうお酒は子供達はどうせ飲まないじゃん。
おれは秋田生まれで秋田には色々美味しいお酒もあるけど、
おれはこのお酒をこれからも飲む。

夢酔月(純米吟醸、無濾過、中取り)

美味しいお酒です。

今までこれを守ってくれた方々ありがとう。

涙が出ました

posted by ken at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック