シンガーソングライター坂本健の日記

2014年09月30日

こんにちわ

image-4036d.jpg
バンドTHE HUMAN。初ライブは仙台ヘヴンで無事終了。甘いながらも良い所も出ていたのではと思ふ。セカンドライブは10/17三軒茶屋グレープフルーツムーン。そして12月のライブに間に合わせるべくCDとサイトを準備するため忙しくなるのですからして体調管理しっかりするのです。
仙台のみなさま、ありがとうございました。感謝です。

posted by ken at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

昔の

18.19才くらいからの音楽仲間が今も頑張っていてラジオの番組やってるのをさっき知った
こういう存在は俺にさらなるパワーをくれる

ありがたいね〜

◎毎週土曜日 夜7時45分から
FMラジオ RADIO BERRY 76.4fm
(FM栃木)



posted by ken at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

ライブ詳細

メンバー

坂本健/Vo.Gt.

前波芳明/Key.

押川和広/Ba.

富山直人/Dr.


◎9/28(日)仙台ヘヴン

犬猫ベネフィットLive Vol,98
日時9月 28日 (日), 18:00 〜 22:30
説明犬猫ベネフィットLIVE(チャリティー)!【Adm】1,000/1D【OPEN】18:00 【START】19:00〜【出演】のぶいち /  THE HUMAN / 他※人間の都合で捨てられた、犬やネコを保護〜予防接種〜里親探しまでボランティアで行っている方達のグループを少しでも手助け出来たらと、数人で企画しました。※ライヴ・チャージの一部を募金とさせて頂きます。なお、募金箱も設置してますので皆様の御協力と御理解をお願い致します!※タオル、バスタオル、タオルケット、首輪、リード、ブラシ(犬、猫用)、他、不要になった犬、猫用品の寄付をお願いしてます!あわせて御協力をお願い致します!
〒980-0803 仙台市青葉区国分町3-1-12 山下ビルB1 / phone 右向き三角1 022-268-2771 / mail 右向き三角1 blues-co@triton.ocn.ne.jp



◎10/17(金)三軒茶屋グレープフルーツムーンむ

●出演
Jolly Chap / 小ぢんまりヰ / keikus/ SELLPICO / THE HUMAN

●OPEN18:30/START19:00

チャージ/2,000円(DRINK代別)


┏┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
┏┌ 三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON 河邉健吾
┏┌ Address・〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-8-12 佐々木ビルB1F
┏┌    Phone & Fax・03-3487-8159
┏┌ Cell-Phone・080-6634-4796


動きだしましたな〜









posted by ken at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

THE HUMAN

THE HUMAN
メンバー

坂本健/Vo.Gt.

前波芳明/Key.

押川和広/Ba.

富山直人/Dr.


9/28(日)仙台ヘヴン

10/17(金)三軒茶屋グレープフルーツムーン

※どちらも夜です。詳細は追記します。











posted by ken at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

ライブやります

image.jpg
ドラマーチェンジを2回繰り返しメンバーが固まりバンドプロジェクトがようやく流れだしバンド名とライブが決まった。

『 THE  HUMAN 』

THE HUMAN 初ライブは仙台。ギタリストがいないのでうわものはキーボードだけというところもあり試行錯誤しながらですが、9月仙台、10月東京を皮切りにバリバリやります。みんな同じ学校出身。今までみんなよく倒れずに音楽を続けてきてくれた。そのエネルギーとこの縁を練り込んだパン作り、ではなく音を表現していく事になると思う。命からがら辿り着いた先にあったこのバンド、応援してくださると心強いです。まずは是非聴きにいらしてください。よろしくお願いいたします。

9/28(日)仙台ヘブン(イベント)

10/17(金)三軒茶屋グレープフルーツムーン

※どちらも夜です。詳細分かり次第アップします。





posted by ken at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

とりあえず

band.jpg

ドラマーが大阪行ってしまったので新しいドラマーを迎えての音作り。
そんな感じで少し仕上がりに当初の予定より時間がかかってますが今
年はバンドライブ。よっしゃー
コンペも平行してやるぞー

※facebookをメインに更新中

posted by ken at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

Facebook

このブログはもうあまり更新していなく代わりにFacebookでやってますのでよろしくどうぞ。ホームページはそのうちバンドのができるのでお知らせします。プレーヤーと作曲家の二足の草鞋で頑張っております。
posted by ken at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

まいった

131201_132653.jpg131201_132730.jpg

いやまいった
うますぎる
湯葉刺しと宗玄。
初めて自分で一升瓶で買ってしまった
あらためて見るとでかい
これはうますぎる
日本酒は太るってさ
しかしこれはぜったいおすすめです

posted by ken at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月30日

途中で語るPart.1(2は未定)

131130_201645-1.jpg


ビール日本酒晩ご飯の後に今これを夜なのにいくTHE人間な今日この頃。
一切酒もコーヒーもやらず肉も殆ど食べず瞑想を朝夕合計2回やっていた修行僧のような日々もあったしそういう時にすごく自分の音楽が伸びたのは覚えていて、しかし今の自分が今まででは一番上にいる。いろんな時にリアルな自分に近づいている感じ。一見良くも良くなくも。修行僧になる前は肉体労働した後にジム行って飯も肉中心に今の3倍食ってたりした。
こういうことも経てスピリチュアルな精神的な部分も、圧倒的にバリバリ行動するという肉体的な部分も完全に調和した状態で同居しているというのがおそらく目指す所だろう。
両極端なものを体験して統合するというのは道を追い求め続けさえすれば自然な道のりな気がする。
完全なる必然の中にいてその中で自由な部分は感情より深い部分から発せられ結果外身には感情の様に出てくるその瞬間か。必然...全て決まっているとすれば面白みが無い様な気がするが、そうだとしても良いと思えるくらいの喜びはその瞬間。
また喜びは悲しみが存在することで客観的に素晴らしいと知覚できるのだと思う。
悲しみと喜びの奥底から生まれる瞬間の感覚は殆ど一緒か全く一緒なくらいのものだとも思う、そこはおもしろいとこだ。

『凍えるくらいの寒さでしか気づけない温もりがジャンパーの中にあったんだ』という歌詞が入る僕の曲『悲しみと喜びの世界』。これは地球のこと。今までそうやって両極のものが存在しそれによって客観的に知覚し、また本来魂にはない“悲しい”“苦しい”というものも喜びの本質を知るために体験する遊園地。それが個人レベルでも全体の地球レベルでも一つに統合していくとこにきてる。そこにあるだけになっていく。肉体で喜びを解放するオンリー的な。ちょっとくらいの時間差はあれど全ての人に。
俺はもういろんな悲しみも苦しみも充分なので楽しかったありがとーということにしてこの肉体で喜びを放出して生きるだけにしたい。なるべく早く。きっとその時期もレットイット川の流れの様にビーなのだろうけど。
やっぱり本当には音楽しかやっていない俺が喜びを放出するツールは音楽。
悲しい曲も楽しい曲も内側のギラッとする胸が爆発する様な涙が出る様なブワーっていうような奥底の瞬間は同じもの。だから表面は色々着せ替えて楽しんでよし。
そういう音楽がどんどん演奏できる様になると聴いてくれた人の不要な胸のつかえの解放にもなる。『本当の自分のため=人のため』とはこのことか。音楽をずっと追求してきてよかった。道の途中だけど。

posted by ken at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

福島

131127_1712051.jpg


仙台ライブの帰路で買ってきた純米吟醸『夢酔月』と前からあった白鶴の大吟醸でアジの刺身&ヒラメのえんがわの刺身&いろんな野菜の糠漬け&大根の塩漬け(ゆず入り)&さつま揚げ&刺身こんにゃく(with酢みそ)で涙が出そうな状態に...。
日本酒好きになってから和の食べ物やそれらと日本酒の相性が心底素晴らしいものだと気付き日本人を満喫している今日この頃。

夢酔月は福島県喜多方市のお酒。

自分の子供に万全を期して放射能対策を少しでもしたいのはよく分かる。

ほんとに分かる。

ただ、

認可されて出荷されている食べ物や飲み物に入っている微量の放射能と、化学調味料や保存料、はたしてどちらが人体に良くないのかは実は難しいと思う。そのくらいのものも大人も毛嫌いしているふしがある。

本当に深刻な影響を受けたものは申し訳ないが敬遠せざるをえないとは思う、しかしそうでないものも沢山あるし、やはり助け合わなくては人間は生きていけないとは充分に皆分かっている筈。

人生をかけて人生を乗っけて作ったものを真の理由とはずれた恐怖を伴う空想で敬遠されることは作り手にとってとても悲しいこと。

どっちにしろこういうお酒は子供達はどうせ飲まないじゃん。
おれは秋田生まれで秋田には色々美味しいお酒もあるけど、
おれはこのお酒をこれからも飲む。

夢酔月(純米吟醸、無濾過、中取り)

美味しいお酒です。

今までこれを守ってくれた方々ありがとう。

涙が出ました

posted by ken at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする